奈良で出会った人と食 (11月後半)

私達が行った11/14(土) クーカルin奈良 
のシェフズ・ステージは、
和歌山の人気イタリアン、ヴィッラ・アイーダ

小林シェフは、野菜をメインにしたイタリアンで、
オーベルジュ(宿泊付きレストラン)としても有名です。

ヴィッラ・アイーダ

仮設でオープンなシェフズ・ステージですが、
サービスや設えも良い感じです。

この日はお天気も良く、温かい日っだったので、
奈良公園の緑と色づく景色、そして空気を直に感じる事ができました。


小

小かぶとカッチョカヴァッロ
水彩画の絵のような爽やかな前菜です。

焼き目を入れたカッチョカヴァッロと生ハムの塩加減、
甘い小かぶとの取り合わせは最高でした!


小林シェフが使われた食材、カッチョカヴァッロは、

奈良県葛城市 ラッテ・たかまつ の 
モッツァレーラを2週間熟成させたもであることが後日分かりました。

ラッテ・たかまつ

11/22の第1回 葛城フェスタ に出店されていた、ラッテ・たかまつ
アイスクリームは頂いたことはあるのですが、
チーズと“蘇”が気になっていて、
買い求めるつもりでお話ししていたら、
小林シェフからカッチョカヴァッロの注文があったそうです。

始めて“蘇”というものをたべました。
牛乳を煮詰めたものであるので、
コクと甘味があり、チーズのようなものです。
今でもお値段もソコソコ貴重なものですが、
奈良時代には、それこそ薬や供物として
とても貴重なものであったのでしょう。


めずらしい大根

珍しい大根の紅甘味と紅化粧
ピリッと美味しくサラダで食べました。

きれいな葉っぱもチリメン雑魚と乾煎りして
醤油・ごま油・ゴマ・唐辛子を入れて美味しいふりかけにしました。


葛城うまいもん試食対決

「葛城のうまいもん・どっちも、どっちも試食対決」

お米の名産地葛城ならではの、
「お練焼き<米粉ピザ>」と「當麻のけはやちゃんこうどん」
米粉を使っての試食対決です。

米粉のうどん、ピザ

凄い人気で試食の200食は即なくなりました。
さめてももちっと柔らかい生地の米粉ピザ
ショウガのきいたふわふわ鶏団子ともっちり上品なうどん。

どちらも美味しく優劣の判定は出来ませんでした。


食に関わって出会った人や食材そしてお料理等々・・・
書きたい事はまだまだいっぱい!

いつもの反省、
こまめにブログにアップしていきます。
 ツリー









calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM