飛鳥(悠久の時を感じて)

古代史を彩った舞台 明日香村 に
雨梅雨の真っ只中22(日)村田さんと行ってきました。

私は、下調べもせず観光ガイドブックを片手に、車で生駒から
甲子園から電車の村田さんを橿原神宮前駅でピックアップして
カーナビを頼りに自動車飛鳥のロマンに出発〜! の前に、
お腹がすいているので先ず昼食をとろう!ということになり、
ガイドブックに載っている古代米のご飯などが味わえる
ことだまランチを食べようと“cafeことだま”を目指しました。
しょんぼりランチは売り切れ完売、ガッカリです。
素敵な古民家で、美味しそうなランチでした。
とても心残りなので、またこようと二人で誓いました。


飛鳥は古代史ロマンだけでなく
のどかな田園風景と優しい人とも触れ合う事ができました。


飛鳥のどかな田園風景
                          飛鳥ののどかな田園風景
飛鳥は美しいのどかな田園風景ながら
山に囲まれた小さな盆地です。
何故この地に都を築いたのか・・・
外からの侵略、王権を護るためなのか・・・?


石舞台古墳
                               石舞台古墳


石舞台古墳
                                石室の中へ
77トンもあるといわれる巨大な石を運んだ技術
凄いの一言です。



亀石 亀石
思わず見過ごしてしまう田んぼの中にある亀石
亀というより蛙のような愛らしい顔が彫られています
いつの頃からか何の目的で・・・?
悠久の時を日常の中に
当たり前のように溶け込んでいるのが凄いで〜す


天武天皇・持統天皇
                             天武・持統天皇陵
壬申の乱に勝利した天武天皇と妻の持統天皇の陵
天武が天智(持統の父)の約束を反故にしたことから起こった
壬申の乱。
そのおりも持統は天武に付き添った。夫婦愛なのでしょうか・・・




酒船石
                                 酒船石
雨に降られて、やぶ蚊にさされて大変でした。
謎めいた幾何学模様が彫られている大きな石ですが、
撮りにくく上手く写せませんでした。


亀形石造物
                                亀形石造物
いつ(古代)の頃のものなのか、
綺麗なままで高い技術を感じました。
水を流す装置だとか・・・
今日も雨水が流れています。


ジョギング行き当りばったりの飛鳥めぐり、
目的地に辿り着くのに
どれだけの人に道を聞いたでしょうか・・・?
犬の散歩中の人・バスを待つ人・道を行く人等々
飛鳥で出会った皆さんとても優しく本当に親切でした。

読書や歴史に興味の深い村田さんと違って、
私は今まで何も勉強していないので
古代史の知識・理解に問題はありますが、
古代のロマンを秘めた不思議な古墳や石造物
そして『万葉集』の世界・・・・
悠久の時を経て今その場にいるんだ! と思うと、
それだけでもとてもワクワク感動の一日でした。






calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM